Search

Real Garden

岡山県北のリアルガーデン真庭市に移住して子育てと石けん作りの日々

IMG_1156

幸せなガーデン GG FARM

少し前になりますが、連休中に家族で
岡山県美作市の旧東粟倉村にある、GGファームを訪ねました。

標高500mの東粟倉の地は夏なのに肌寒い。
黒ボクの土で蒜山に似ていますが、
ここは冬でも雪はさほど積もらないそうです。

IMG_1164

GG FARMを営むギャリさんは畑をガーデンと呼びます。
その名の通り、すべての生きものたちが幸せなガーデン。

土は下草もありふかふか。
もぐらや蜂や蝶、小鳥が飛び交い、甘い花の香りがして、
多種多様な生き物たちの楽園のような場所です。
種まきも、月の満ち欠けなど自然のリズムに沿って行っているそうです。

料理人である夫が信頼し、古くからおつきあいのあるギャリさん。
今回は、夫は野菜を中心に見せてもらい、
私は石けん作りのためにハーブを見せてもらいました。

IMG_1143
ローマンラベンダー
普通のラベンダーとはまた違う、
甘くもすっきりして高貴な香り。

IMG_1154
フェンネルの花
花を食べさせてもらったら甘くてびっくり。

IMG_1152
ヘンルーダ(ルタ)
ホメオパシーでもRutaのレメディとして使われています。
鼻をつく鮮烈ですがすがしい香り。

IMG_1155
アピオスの花は甘くて濃厚な、スミレに似た香り。

IMG_1162
ヒソップ
シソ科のハーブで、清涼感のあるハッカに似た香り。
薬効が古くから知られているそうです。

IMG_1156

何よりも印象的だったのは草花を愛おしそうに扱う
ギャリさんの優しい手。

「この花はクマンバチが大好きなんだよ」とか、
「この花の種をいつも鳥が食べに来るんだ」など
嬉々として話す彼が作り出すガーデンはいるだけでHappyな場所。

ガーデン自体にヒーリング効果があると言う彼の話も頷けます。
IMG_1153

そして驚いたのが、ミントもラベンダーもバジルも、
もともと知っている香りとぜんぜん違う。
もっとフレッシュで野性的で存在感がある。
それでいてずっと嗅いでもちっとも嫌な香りじゃない。

この違いはなぜと話を聞くと、
F1種とかコーティングされた種じゃないし、
栽培する土も違う。
水も後山から湧き出る「愛の水」。
余計な肥料は使わない。
農薬も使わない。
露地栽培のハーブはハウス栽培とは香りが違う。
早く育つよりも、気温が低くてもじっくり育つ方がいい。

人間の都合であれこれせずに、
植物の持つ本来の力をサポートするって
簡単なようで一番難しいことかもしれない。

IMG_1160

こんな生命力に満ちた美しく香り高いハーブを
どう活かすか。
これからの私の課題です。

GG FARM
素敵な時間をありがとう。

 

Comments are closed.

© 2018 Real Garden . All Rights Reserved.